--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい思い

2008年01月30日 13:54

【HP更新】
☆Photo.2007Photos 2007.7月
☆Photo.2007Photos 2007.8月
☆Photo.2007Photos 2007.9月
☆Photo.2007Photos 2007.10月
☆Photo.2007Photos 2007.11月
☆Photo.2007Photos 2007.12月

*****************************************************

昨日、久々に地元懐石料理のお店『佐々木』に行ってきました。

薄味・純和風料理が好きな私の大好きなお店です

佐々木
大きな看板もない、普通の民家なので、1日(昼と夜)各2組ほどかな?

でも、紫のステキな染めの暖簾がかかり、少しお店っぽくなってました。

昨日までお正月メニューということで、
お料理はもちろん、お床にお花、お棚もおめでたい雰囲気

御手拭と一緒に出てきたのは甘酒。
甘酒の苦手な私でも美味しくいただける、上品なお味の甘酒でした。

懐石料理

お刺身の入っている鉢(椿絵)とお揃いの菓子器(もう少し大きい器)が、
違い棚に飾られていました。
一目で気に入っちゃいました!

懐石料理

煮物椀は私のだ~い好きな真蒸(しんじょう)

大根の薄いヴェールをかぶり、目にも美味しいお料理です!

蓋の裏には注連飾りとお米に農具(「み」と「一升枡」)。
昔は(現在も農家では)お正月にはまず、田畑の神への感謝をしてたんですよね。

余談ですが、おせち料理の時は両方使える「祝い箸(お茶では利休箸)」を使います。
それは、おせち料理が神様・仏様と一緒に食べる料理だからだと言われています。
片側を神様・仏様が、そしてもう片側を自分が使用するのです。
昔の人は、そういう細かいところまで気を配る程、心が豊かだったんでしょうね。

もちろん、佐々木はちゃんと「祝い箸」をつけてくれていましたよ。

懐石料理

縁高(ふちだか)に入ってきたのは、手の込んだお料理の数々。

その手間を考えただけでも、なかなかすぐには食べられませんでした。

でも、心で感動、目で堪能した後、1つ1つ美味しくいたきましたよ~

この後、白味噌仕立ての上品なお雑煮に、お粥、デザートと続きましたが、
食べるのに集中したかったので(どんだけ)撮るのやめました(笑)

あ~ホント幸せ~

まろん

う・・・ギクッ

れおん

そんなことし・・・ちゃったけど、
今度近いうちにまろん&れおんも、お出掛けしようね~。
スポンサーサイト


コメント

  1. ふうちゃん | URL | -

    No subject

    同じ時期に食事に行っていたなんて偶然だね。
    私のボケボケ写真と違い
    とっても美味そうに撮れてる写真でお料理を思い出して
    また食べたくなっちゃったわ〜
    『佐々木』は季節が感じられるお料理で私もお気に入りです!

  2. YUKI | URL | ARBISpNA

    ☆★☆お返事☆★☆

    ☆ふうちゃんへ☆

     ほんと、ビックリだね〜v-290
     私は、昼しか行ったことないんだよ。
     また私も行きたくなってきたv-238
     次はいつ頃行こうかなe-343
     いつも一眼レフで写真を撮影している私ですが、
     さすがに『佐々木』には持って行く気にはなれず、
     コンデジにて撮影しました。
     お店の人からしたら怪しいよね〜v-356

  3. rainbowホース | URL | z3CjepJk

    No subject

    とってもおいしそうです〜。
    おもわず、まろ・れおのように、
    羨ましい光線を発してしまいま
    した☆

  4. YUKI | URL | ARBISpNA

    ☆★☆お返事☆★☆

    ☆rainbowホースさんへ☆

     とっても美味しかったですv-238
     そしていつも、季節感たっぷりです。
     ぜひ、一度行ってみて下さいね〜☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowwoweasygo.blog93.fc2.com/tb.php/114-28b8ba9c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。