--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫のひーちゃん

2008年06月29日 23:39

先日、仕事の先輩宅に資料作成の手伝いに行った時のこと。

資料の上に先客が。

20080629-01.jpg

このカワイ子ちゃんの名前はひーちゃん。

20080629-02.jpg

勉強家なのか資料の上からのいてくれません。

「今、私が読んでるんだからダメ!」と言わんばかりに。。。

20080629-03.jpg

飼主さんがのけてものけても資料の上に。

20080629-04.jpg

そのうち、小難しい資料に飽きたのかスヤスヤ夢の中へ

20080629-05.jpg

起きたかと思えば、座椅子の腕置きに器用に登り、お外のチェック。
日の光を浴びて神々しいぞひーちゃん!

おっとり、のんび~りなひーちゃん。
実は、里子(猫)なのです。
ご近所の一人暮らしのおばあちゃんが体調を崩して入院
誰にも面倒を見てもらえなくなったひーちゃんを先輩が引き取ったそう。

この老人とペットの問題は、今後より深刻化しそうな気がします。

老人にとってペットは癒し。
生きる活力にもなる。
でも、自分の寿命を考えるとなかなか飼えない。
また、すでに飼っていても体調を崩したり、亡くなったり。
貰い手のないペットたちは飼主さんを失い悲しいばかりか、
飼主さんと同じ「人間」の手によって(行政処分)自らの命をも奪われる。。。

もうメディアでも幾度も紹介されているのでご存知の方も多いかと思いますが、
私は、『日本ドッグホーム協会』を知った時、
まさに一石二鳥・・・いや三鳥!だと感動しました

活動内容を簡単に紹介すると、
やむを得ず飼えなくなった高齢者のペットを保護。
②高齢者に協会で保護したペットを無料でレンタル。

レンタルとありますが、里親と同じです。
ただ、将来自分もやむを得ず飼えなくなった時にお返しすことが出来るので、
高齢者でも安心して里親になれます。
レンタルというと物みたいであまりいい表現ではありませんが、
ペットたちも再び愛情を注いでもらえるし、
これなら高齢者でも安心して飼えます。
そしてまた協会もより多くの不幸なペットたちを保護することが出来ますよね。

私も高齢になったら、是非里親になりたいな~なんて思ってます。

20080629-06.jpg

すべての 肉球 動物達に幸あれ!
スポンサーサイト


コメント

  1. ちい | URL | Z3orHX/M

    いいですね

    私は猫も好きです。
    子猫を見ると貰いたくなります。
    パパがアレルギーなので無理なんですけどね。
    猫っぽい性格のジャムで今のところは我慢します(笑)

    日本ドッグホーム協会ってほんと素晴らしい発想ですね。
    はじめて知りました。
    YUKIさんの言うとおとりこれから益々深刻な問題に
    なるでしょうね。
    もっともっとこんな素敵な協会が有名になって
    利用する人が増えて人も動物も安心して暮らせる
    世の中になりますように♪

  2. YUKI | URL | ARBISpNA

    ☆★☆お返事☆★☆

    ●ちいさんへ●

     猫もいいですよね〜v-352
     私も何度猫を拾ってきそうになったか・・・。
     でも、家族が極度の猫嫌いなもので断念。
     そして、9月に引越す予定の新居も猫禁止令が!

     日本ドッグホーム協会さん、ステキですよね。
     私も自分に出来ることからはじめたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。