--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲憤慷慨

2007年12月21日 11:52

以前も書いたたことがあるかもしれませんが、
私の家の周辺には野良猫が沢山いました。

近所の人たちは、野良猫たちの被害に困っていました。

その上、去年の夏には、そんな野良猫たちがいたるところで出産し、
近所でノミが大繁殖!
そして、我が家も・・・。
アレルギー持ちの私は、熱を出したり、体中が痒くて大変な夏でした。
現在、近所の人たちの働きもあり、捨てに来る人も減り、
野良猫も数匹を残すだけとなりました。
お陰で今年の夏はノミ被害にあうこともなく、
落ち着いた夏を過ごすことができました。

そんな中、また猫が死んでいると報告がありました。
(いつも私が死んだ野良猫を埋葬しています。)

教えられた場所へ行くと、初めて見た小振りな可愛い猫。
まだ1歳前後という感じです。
家族や近所の人によると、2日前から見かけ、
犬のように人について来たり、家の窓にくっついて日向ぼっこしたり、
飼い猫だったけど、足が悪くびっこをひいていたので、
病気か怪我で捨てられたんだろうという話でした。

その猫は、お日様のあたる暖かな、石の間にまるくなって死んでいました。

普通、野良猫の死体は悲惨なもので、
気付くのが遅くてウジがわいていたり、腐敗していたり、
事故にあって内蔵が飛び出していたり、
カラスに目をくりぬかれて(食べられて)いたり・・・
目を覆いたくなるような表情や姿のものがほとんど。。。

でも、この子は綺麗なまま、とても穏やかな表情で死んでいました。

抱き上げると、すでに硬直していましたが、
お日様がこの子を見守って下さっていたかのように、
ほんのり暖かみを感じることが出来ました。

まるで眠っているかのように安らかな顔をしたその猫を、
樹齢数百年の大きな樹の下に掘った穴にそっと横たわらせた時には、
涙が止まりませんでした。

その猫が本当に捨てられたのかどうかはわかりません。
ただ、現実に沢山の犬や猫が捨てられています。
逆に、このような人間の勝手で翻弄される動物たちの尊い命を、
少しでも助けようと日々奮闘されている方々も沢山いらっしゃいます。

私も何かをしたいと思いつつ、まだこれといって何も出来ていません。

でも、こういう現実を忘れず、
自分に出来る「何か」をこれからも模索していきたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. ふうちゃん | URL | -

    No subject

    仕事中なのにウルウルきちゃって涙がでそう。
    うちの風太も捨て猫ちゃんだったんです。
    (だってトイレの躾はできてた感じ)
    人に寄ってきてたし・・・

    ただ、最初は鳴き過ぎてなのか?声がしわがれていて、確かに
    子猫ちゃんのようにかわいくミィミィっては鳴いてなかったの。
    だから病気と思われて捨てられちゃったのかな?
    って思ったよ。
    縁あって私がひらって今はうちの招き猫になっている風太

    足が悪いだけで捨てちゃうなんて(違うかったらごめんなさいだけど)
    動物を飼う資格ないよね。
    飼うなら最後まで責任を持って欲しいと思います。

    その子猫ちゃんはYUKIちゃんの温かい気持ちに包まれて天国にいけたね

  2. ちい | URL | Z3orHX/M

    No subject

    どんな状況でも一度家族になった動物を
    捨てるというのは絶対にしてはいけないと
    思います。
    どんな事情があろうと手放さなくてはいけなくなっても
    その子が幸せになる方法を考えてほしいですよね。
    身勝手に捨てられて近隣の人たちに迷惑をかけて
    結局すべて人間の身勝手ですよね。

    きっとこの猫さんは樹齢数百年の木の下で
    yukiさんの温かい気持と一緒に眠っているのでしょうね。

  3. ミッキー | URL | -

    No subject

    初めましてです。
    これを読んで、私もペットを飼っている
    一人として、考えさせられました。
    そして、もらい涙でした。。。
    その、ちいちゃいねこちゃんが
    天国へいって、
    成仏しますように。

  4. YUKI | URL | ARBISpNA

    ふうちゃんへ

    そうだよね。
    風太も野良出身だったね。
    ふうちゃんに拾われて幸せだね〜v-238
    私も風太にmixiで癒されている一員として、
    風太とふうちゃんの出会いに感謝ですv-352

    少しでも、人間のせいで不幸になる動物たちが減るといいね。

  5. YUKI | URL | ARBISpNA

    ちいさんへ

    飼主としての責任感。
    私の周囲や、このブログに遊びに来て下さる人たちを見ていると、
    世の中にそれを持ち合わせていない人なんて、
    いないんじゃないかと思わせてくれるのですが、
    現実はそうはいかないようですね。
    相変わらず各県の動物愛護センターで処分される犬猫は後を絶ちませんしね。

    今朝は明け方から(その前から?)ずっとv-279
    明け方、雨の音で目覚めた時、安心したんです。
    大空に大きく枝をはる樹齢数百年の大きな樟の根元なら、
    あの猫ちゃんに雨があたりませんからねv-290

  6. YUKI | URL | ARBISpNA

    ミッキーさんへ

    ようこそe-343

    世の中に、これを読んで共感してくれる人ばかりだといいのに。
    考えてくださってありがとうございます。
    みんなの気持ちと共に、きっと成仏してくれるでしょう。
    今頃は足も治り、元気な姿で走っているかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bowwoweasygo.blog93.fc2.com/tb.php/99-80c59813
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。